バレないために気を付けること

ご主人や恋人にこっそりキャッシンをしたつもりでも、思わぬ時にキャッシングしたことが発覚してしまうことがあります。

 

周囲にバレずにきちんと返済できる自信があったとしても、キャッシングを利用したことがバレたことで、人間関係に亀裂が入ったり、信用を失ってしまうかもしれません。

 

最後まで、周囲に気付かれないようにするためにはどうしたら良いのかを詳しくご案内しますので、参考にして下さい。

 

先ず、一番バレやすいのは、銀行の通帳に記帳されてしまうことです。

 

ネットがあれば、外出せずに返済できるので、便利ですよね、でも、返済や振り込み用の口座を利用する方は、間違っても給与振り込みに使用している口座を利用してはいけません。

 

記帳内容が、家族の目に触れてしまったら、簡単にバレてしまいます。

 

記帳されないようにするには、ATMで返済するのが一番です。現金を持ち歩くのは嫌かもしれませんが、これなら通帳に記帳されません。どんなに面倒であっても、ATMを利用しましょう。

 

次にバレやすいのが、キャッシングカードを何気なくお財布に入れているのを見られてしまう場合です。

 

家族と一緒にスーパーに買い物に行って、支払いの時に、間違ってキャッシングカードを取り出した所を家族に目撃されて「そのカード何?」などと、聞かれたらピンチです!

 

キャッシングカードは、周囲の人に嘘を付いていることを忘れ頃に、うっかりテーブルの上に置きっぱなしにして見つかってしまうなど、怠慢な気持ちによって発覚してしまいがちとなります。

 

キャッシングカードをお財布にしまっておく場合は、他のカードと同じ場所に入れないようにしておきましょう。

 

それか、他の人が絶対に触らないような化粧ポーチの中などにしまっておくなど、出し入れする場所を決めて忘れないようにするべきです。

 

さらに、キャッシングの利用が発覚してしまうパターンは、キャッシング会社からの入電や郵便物です。

 

郵便物は、ネットでWEB明細確認の設定をしていれば毎月の明細が郵送されてくることを避けられますが、返済期日を過ぎているのに返済していなかった場合は当然ですが、キャッシング会社から確認の連絡が入ります。

 

返済遅延だけは気をつける

当然ですが、入金が確認出来な状態が続くと、督促状が郵送されてきます。郵便物の差出人名は、キャッシング会社と思われないような表記となっていますが、感の鋭い人や経験者にはバレてしまう可能性が非常に高いので、返済期日は守らなければいけません。

 

但し、返済期日に間に合わない場合は、事前にキャッシング会社に電話連絡をして、事情を説明した上で、何日までに入金しますと約束することが出来れば、会社から電話がかかってくることはありません。

 

一応、在籍確認の時と同じように、担当者名でかかってくるので、バレない可能性は高いでしょう。

 

しかし、私用電話に対して厳しい会社や、普段はスマホにかかってくるのに急に家電に電話がかかってくると不審がられる恐れがあります。

 

返済が遅くなりそうな場合は、放置せずに事前にキャッシング会社のコールセンーへ連絡をして相談するのが一番です。コールセンターに連絡を入れることで、希望する連絡先に電話をかけてくれるなどの配慮をして貰えます。

 

返済が遅くなったからといって、キャッシング会社のスタッフが、闇金ばりに会社や自宅に押しかけてくるようなことはありませんので、安心して下さい。

 

周囲の人に心配を掛けたくないと思ってこっそりキャッシングをしたのに、キャッシング利用がバレたことで、離婚問題にまで発展したり、周囲の人が自分から離れていってしまったら嫌ですよね。

 

せっかく内緒でキャッシングをしても、自らの詰めの甘さでキャッシングを利用していることがバレては、意味がありません。内緒にしたいのであれば、最後まで責任を持って行動しましょう。